特集

食生活改善宣言!体の中からキレイになる食事

富山 やくぜん 朝晩が冷え込んで、秋らしい気候になってきました。秋といえば食欲の秋!
栗やさんまなど、旬の美味しい食べ物がたくさん!
美味しいものはたくさんあるけど、ただ好きなものだけを食べるのではなく、内容にこだわった食事で食生活を見直しませんか?
今回は、薬のまち富山で生まれた「富山やくぜん」の考え方をもとに、体の中からきれいになる食材の組み合わせをご紹介します。
お話しをお聞きしたのは、「富山やくぜん俱楽部」代表の澤井 保子先生です。

富山ならではの「薬膳」という考え方

「富山やくぜん」とは薬都富山から生まれた体にやさしい健康膳です。
農薬の使用を極力控え、地産地消、旬産旬消に配慮した富山の食材と、古くから健康面で効果があるとされる食材を合わせて、化学調味料等を控えて調理をしたものです。栄養バランス、見た目、独創性、美味しさなども認定基準になっています。また、食べる人への食材に関する情報提供が大切にされています。
「富山やくぜん」は薬ではなく、あくまでも食事として健康の手助けをします。

富山 やくぜん

近年サプリメントをとっている方が多いですが、乱れた食生活でサプリメントを飲むより、きちんとした食生活にさらに身体に良い物を加えた食事の方が自然で健康的です。
毎日の食事をさらに健康的で体の中からきれいにする「富山やくぜん」は、食べるサプリメントのような存在です。
澤井先生には、「富山やくぜん」の考え方を家庭でも簡単に取り入れられる、食材の組み合わせを教えていただきました。

寒さや乾燥に負けない美しさをつくる6つの組み合わせ

富山 やくぜん 冷え性 血の巡りを良くして冷え性改善
血管が収縮したり、貧血になると充分に身体を温められなくなります。血行を良くする栄養と運動で、冷えに強い身体をつくりましょう。運動も大事!
【高岡】寒締めほうれん草×小麦麦芽
甘みが強く、血液をつくる鉄分が野菜の中でも多い寒締めほうれん草と、血行を良くするビタミンEを多く含む小麦麦芽の組み合わせで、血の巡りを助けてくれます。鉄分の吸収を良くするために、ベーコンなどのタンパク質源も合わせてみましょう。

富山 やくぜん むくみ むくみ対策。水分の循環を整える
むくみを改善するために体内の水分の循環を良くしましょう。
【氷見】ハトムギ×【魚津】とうがん×生姜
利尿作用のあるハトムギととうがんの相乗効果でむくみを緩和!どちらも体を冷やす食材なので、体をあたためる作用のある生姜を少し入れて、冷えすぎないようにします。

富山 やくぜん 声 潤い 潤いできれいな声を保つ
秋は乾燥の季節。肌が荒れたり咳き込んだりしやすくなります。身体の中から潤いを与えましょう。
【呉羽】梨×ハチミツ
梨には、肺を潤し、熱を下げる働きがあり、喉の乾燥や軽い脱水症状に効果的です。そこへ、乾燥を改善する作用のあるハチミツをプラスすると相乗効果で喉を潤し、咳を抑える効果が期待できます。陰液(※)を増やし、肺を潤す白キクラゲもおすすめ。
※唾液や胃液、分泌液などの体内の水分。

富山 やくぜん  便秘 デトックス 食物繊維で体すっきりデトックス
肌荒れの原因にもなる便秘を食物繊維で解消しましょう。
【大沢野】いちじく×ごま
いちじくは、食物繊維を豊富に含み、粘膜や肌に潤いを与える作用があります。そこに、食物繊維をたくさん含んだごまをプラスすることで、おなかをすっきりさせる組み合わせになります。

富山 やくぜん 肌 コラーゲン コラーゲン補給でお肌プルプル
お肌のハリに欠かせないコラーゲンを美味しくとって美肌になりましょう。
【富山湾】げんげ×レモン
げんげの体のまわりのプルプルは、実はコラーゲンです。そこへ、コラーゲンの働きを助けてくれるビタミンCたっぷりのレモンを加えることで、魚の生臭さも抑えてくれる美味しい組み合わせになります。お酒のつまみに、乾燥げんげにレモンを絞って頂くのはいかが?

富山 やくぜん 脳 アンチエイジング アミノ酸で脳のアンチエイジング
家庭料理で親しみのある食材で脳のアンチエイジングをしましょう。
【小矢部】たけのこ×かつおぶし
たけのこに含まれるチロシン、かつお節に含まれるイノシン酸は、脳の老化防止で注目されているアミノ酸の一種です。
たけのこの水煮などによく白い固まりがついていますよね?あれが、チロシンです。

今回紹介した体に良い食の組み合わせは、家庭薬膳として毎日の食事にとりいれることができます。

食を通して生活習慣や身体のことを考える

今回紹介した組み合わせは、家庭薬膳として簡単に毎日の食事に取り入れることが出来ます。
何気なく食べている食材が、どこでとれて、どんな栄養が含まれていて、体にどんな作用が あるかを考える機会になれば自然と体のことを考えて、体と向き合えると思います。
みなさんも食を通して体のこと、見直してみませんか?

取材協力
医学博士 中医薬膳指導員
「富山やくぜん俱楽部」代表 澤井保子 先生
「富山やくぜん」提供店など、お店と市民の連携により、健康長寿の実現と、薬都富山の活性化に寄与することを目指しています。

編集後記
食材以外にも「組み合わせ」ということをすごく考えさせられた今回の取材。身体を冷えすぎないようにしてくれたり、相乗効果だったり、食べ物ひとつひとつの働きに興味が湧きました。たけのこの水煮についている白い固まりを今までアクだと思ってきれいに洗っていましたが、あれがアミノ酸だったとは・・・。もったいない事をしていました。

« 前の記事 | 特集記事一覧 | 次の記事 »

Check
Copyright © 2012 BeautyTOYAMA All Rights Reserved.