特集

色選びだけで肌を美しく見せる!魅力を引き出すカラー!

富山 メイク フィットカラー Beauty Salon SLM 厳しい残暑が続いていますが、暦の上では秋。店頭では、「新作入荷」のプレートと共に秋物ファッションが並び始めていますね。あれもこれもと思って購入した服、並べてみるといつも同じ色の服ばかり・・・ということはありませんか?
それは、自分に似合う色を決めつけているからかもしれません。
そこで今回は、自分をキレイに見せてくれる「似合う色」について、富山市にあるBeauty Slon SLMの須藤 志津子さんにお話を聞いてきました!

色の相性で見え方が変わる?似合う色のチカラ

似合う色とは、簡単に言うと「その人を美しく見せる色」です。
その人が持って生まれた肌や髪などの色と相性の良い色を合わせると、肌の色ツヤをキレイに、若々しく見せてくれます。
メイクは同じなのに服の色ひとつでキレイに見える色、疲れて見える色がありますよね。
それは、自分の体が本来持っている色と服の色が影響し合っているからです。
では、自分に合う色はどんな色でしょうか。

色が明るい・暗いだけじゃない!肌色のバリエーション

富山 メイク フィットカラー Beauty Salon SLM 似合う色を探す第一歩は「自分の肌の色を知る」です。
似合う色とは、好き嫌いではなく自分の肌に合う色なので、まずは自分の肌色がどのタイプなのかを探りましょう。

今回、お話を聞いたBeauty Slon SLMさんでは、肌色を測るスケールで診断し、3つのタイプに分ける方法を採用されています。
素肌の状態で、髪や服など色の影響を受けるものを隠し、肌色を診断するスケールを使い、主に顔まわりの色を見ていきます。
日本人の肌は、黄みのあるベージュですが、人それぞれ微妙に違いがあり、黄みよりの肌色、少し赤みよりの肌色、どちらにも片寄ってない肌色の3タイプに分類されます。

似合う色は1色だけじゃない!50色のマイカラー

富山 メイク フィットカラー Beauty Salon SLM 自分の肌色タイプがわかればあとは簡単。3タイプにはそれぞれ対応したカラーグループがあるので自分の肌に合うカラーグループからお好きな色を選ぶだけ!
基本のナチュラルに対して、青みを強くしたクール、黄みを強くしたウォーム。
肌の色に合うグループ内の色を使えば、肌をよりキレイに見せてくれます。
各グループに50色もあるので、髪やファッション、メイクなどトータルでカラーコーディネイトできますね!

客観視で見えてくる 本当に似合う色

自分の色はどのタイプかという診断は、専門家のアドバイスを頼りにしたいところですが、手軽に似合う色を探す方法は「光」と「第三者の意見」がポイントです。

ポイント①「光」

黄味がかった照明や薄暗いお店では色の判断をするのは難しいものです。それは、光によって色が違って見えるからです。できれば太陽の光や、蛍光灯のように特定の色が付いていない光の下で見ると色の変化がないので、似合う色がわかりやすいです。

ポイント②「第三者の意見」

自分自身で似合う色を判断すると「好き」「嫌い」という先入観で、選んでしまいがちです。
友達やお店の人から客観視した意見を聞くことで、新しい発見があるかもしれません!

しっかりと自分の肌の色と似合う色を知りたいときは、やはりプロに聞くのがおすすめ。
Beauty Salon SLMさんでは、スキンスケールやカラーケープを使い、お客さまひとりひとりを診断し、その人に合った色を提案されています。
似合う色を使ったメイクも教えていただけるので、使ったことがないや苦手な色で冒険したいときは、ぜひ相談してみてください!

変化はある?日焼けと似合う色の関係

基本的には、日焼けをしても似合う色のグループは変わりません。焼け方にもよりますが、その人本来の肌の色は大きく変わらないので、焼けた肌のトーンに合わせて、似合う色トーンだけが変わっていきます。

まずは小物から!色で広がるファッションの楽しみ

「あの色は、好きだけど私が着ると疲れて見えるから着ない。」
こんな風に、特定の色に苦手意識を持っていませんか?
似合う色のグループを知れば、「好きだけど似合わない」と思っていた色に挑戦しやすくなります!
まずは、ベルトやアクセサリーの小物類だと始めやすいですね。今年の秋冬は新しい色で、オシャレの幅を広げましょう!

富山 メイク フィットカラー Beauty Salon SLM 取材協力
ビューティサロン SLM(セレム)
富山市今泉163-11
TEL 076-420-8715
URL: http://www.beautysalonslm.com

取材後記 似合わないと思っていた色は、色味を変えれば似合う可能性が大!ということを知りました!
長年手を出せずにいたブルーのアイシャドー・・・試してみたい!

« 前の記事 | 特集記事一覧 | 次の記事 »

Check
Copyright © 2012 BeautyTOYAMA All Rights Reserved.