冬もモテ肌♪究極の美肌は毛穴美人☆

 冬もモテ肌♪究極の美肌は毛穴美人☆

クリスマスや忘新年会、お正月など、これからはイベントごとが多い季節となりました。雪の降る帰り道、お目当ての彼と並んだりして急接近☆なんてこともあるかもしれません。「こんなに近い距離だと大変!顔の毛穴が丸見えかも!?」と心配になりませんか?そこで、今回は「毛穴スペシャリスト」が揃う富山市総曲輪のGRASA VOGUE グラサヴォーグ富山店さんに毛穴をきれいにする方法についてお聞きしてきました。

もて肌赤ちゃんの、色白でマシュマロみたいにやわらかく、ふっくらとした肌は誰もがうらやむ肌ですよね。
赤ちゃんは生まれたばかりで、肌はまだ紫外線などの刺激やストレスをうけていないので、シミやシワもなく、毛穴も目立たない、愛らしい肌なのです。
みなさん、もう一度、赤ちゃんのような毛穴の目立たない美しいお肌になりたいと思いませんか?

そこで!おうちでも毛穴をきれいにするお手入れ方法をお聞きしました。
毎日の肌のお手入れにちょっとした工夫をプラスしてみましょう!

○温かい手でやさしくメイク落とし
肌にクレンジング剤をなじみやすくするために、手を温めてください。クレンジング剤が人肌の温度になり伸びもよくなりますよ。毛穴になじみやすいジェルタイプがおすすめです。アイメイクのマスカラやアイラインなどは落ちにくいので、アイメイクリムバー(専用クレンジング剤)を使いましょう。
○洗顔はぬるめのお湯がベスト
洗顔する前に、ぬるめのお湯で顔をしめらせてから洗ってくださいね。肌に水分があると洗顔剤がなじみやくなり、毛穴の汚れも落ちやすくなります。洗顔するときに使うお湯の温度はぬるめのお湯、25℃~30℃が適温と言われています。お湯の温度が高いと、肌に必要な油分までも流れてしまい肌が乾燥してしまいます。

化粧水○化粧水は肌が乾燥しない3分以内に塗布
洗顔後は、肌が乾燥しない3分以内を目安に化粧水をつけましょう。
乾燥肌の人は、保湿効果の高い化粧水を手にとり、肌につけてくださいね。
脂性肌の人は、肌の浸透力が弱いので、コットンを使ってパッティングするといいですよ。
肌を押さえすぎないように軽くパッティングしてくださいね。
肌タイプを問わず、化粧水は数回にわけて肌につけると浸透しやすいですよ。

それでは、お店の方に毛穴について相談しました。

寒い冬は汗をかかないし、毛穴にあまり影響がしないようにおもわれますが?

A. 冬の季節は空気が乾燥するうえに、室内の暖房で肌はとてもカサつきやすいですよね。肌が乾燥すると水分を保とうとして、皮脂をたくさん出そうとします。そのため、毛穴が開いてしまいます。肌にうるおいをあたえて、冬のお手入れも手ぬきしないでくださいね。

毛穴トラブルにはどんなタイプが有りますか?

A.脂性毛穴、詰まり毛穴、乾燥毛穴、たるみ毛穴など人それぞれ違います。汚れをきれいに取り除いても、クレーターのようになった毛穴には、汚れがたまりやすいです。毛穴の引き締めと潤いをあたえることを続けてくださいね。

トラブル

ズバリお聞きします。毛穴をキレイにするコツを教えてください

A.毛穴をきれいにして肌を美しくするということは、日頃の「クレンジング」と「洗顔」の積み重ねなんですよ。「クレンジング」と「洗顔」は、なるべく時間をかけて、肌をいたわるようにお手入れしてください。コツというよりも毛穴に気を配るということが大切なんです。

つるつるお肌グラサヴォーグさんありがとうございました。
「クレンジング」と「洗顔」を毎日くりかえし、ていねいにお手入れを続けることが大切なのですね。冬は指先や手が冷たくなりやすいので、手を温めてからお手入れするのもポイントですね。効果は人によって個人差があります。自分の肌に注意して、お手入れをしていってくださいね。

グラサヴォーグさんからのメッセージ

「美しい肌」は、毛穴をキレイにすることからはじまります。「毛穴」とひとくちにいっても、毛穴詰まりや開き毛穴など肌の状態はさまざまです。マイクロスコープで毛穴の無料診断もやっているので、はじめての方も現在の毛穴の状態がわかるので安心ですよ。日本人のキメの細かい肌はうらやましいと世界の女性から言われています。みなさんのお肌をさらに美しい肌へと導き、満足していただけるサービスを心がけています。いつでも毛穴に関するプロフェッショナルなスタッフがサポートしますので、肌のこと、特に毛穴に関する悩みなど、お気軽に相談してくださいね。

グラサヴォーグ取材協力
GRASA VOGUE グラサヴォーグ
富山市総曲輪3-8-6 総曲輪フェリオ3F
TEL:076-493-7781 《予約優先》
営業時間:10:00~20:00(最終受付19:00)
土日祝日 10:00~19:00 
※不定休(富山大和と同じです)
http://www.grasavogue.com/


編集後記:自分の毛穴がどのタイプにあてはまるか気になってきました。毛穴のお手入れをつづけて、うるおった肌を保ちたいですね。今年のお肌のダメージをひきずったまま、年越しするのはNGですね。年内のうちに毛穴の汚れをリセットして、新年をモテ肌で迎えましょう!

Copyright © 2012 BeautyTOYAMA All Rights Reserved.