雑学

日焼け止めの塗り方

日焼け止めによく記入してあるSPF。これは、UV-B波に対する効果をあらわしています。
日本人は、紫外線に当たると20分程で皮膚が赤くなるそうです。
この20分を基準にし、皮膚1㎝2あたり2mgの日焼け止めを塗り、結果を数値化しているのがSPFです。
SPF1で20分UV-B波を防ぐことができます。
SPF30では→20分×(SPF)30=600分(10時間)ということになります。
なので、SPF数値が高い=強力ではなく「長持ちする事」なのです。

数値を測定するときの「皮膚1㎝2あたり2mg」とは、どのくらいの量かというと(顔に塗るときは)顔が真っ白になるくらいです。
汗をかけばもちろん落ちてくるので、そのときはSPFの数値に関係なく塗り直しをおすすめします。

« 前の記事 | 雑学記事一覧 | 次の記事 »

Check
Copyright © 2012 BeautyTOYAMA All Rights Reserved.